{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

モンスーンマラバール(インド) 深煎り / 200g

¥1,500 税込

送料についてはこちら

  • ¥1,500

  • ¥1,500

【ご注意】 ● 合計で200g以上ご希望の場合は当メニューではなく他メニューから注文してください。当メニューを複数カートに入れると数量ぶんの送料がかかり、割高になってしまいます。 ● システム上の都合で1商品ごとに送料が加算されます。他の種類と組み合わせて購入される場合は「お好きな珈琲豆 100g×2個セット」「お好きな珈琲豆 100g×3個セット」のメニューから注文してください。送料が安く済みます。 - India Monsoon Malabar - ミルキーにしてスパイシー。 複雑に絡み合う香味とまろやかな苦味。 アジアの路地裏カフェで旅人を癒すチャイのように 異国情緒に満ちた「彼方へとばしてくれる」一杯。 精製方法、見た目(生豆が黄金色です)、味、香り、全てが独特すぎる個性派珈琲。他とは違う珈琲がのみたいあなたが選ぶのはこれ。 苦味 〇〇〇〇・ 酸味 ・・・・・ コク 〇〇〇〇〇 【生産地域】インド南西マラバール 【等級】AA 【精製方法】ナチュラル、モンスーニング モースニングとは、ナチュラルアラビカをモンスーンの時期に湿度の高い状況の中に晒す精選方法(精選会社:アスピンウォール社) ■モンスーンコーヒーの歴史 18世紀~19世紀ころ、インドからヨーロッパへ珈琲豆を運ぶ際、アラビア半島沖からアフリカ喜望峰を周り半年間かけて運ばれました。この長い航海中に船倉に保管されたコーヒー豆は湿気で緑色から黄金に変わり、初めて見た人たちは変色した豆に驚きコーヒーが台無しになったと嘆いたそうです。しかし、飲んでみると独特な香りと熟成されたまろやかなコク、酸味が抑えられた風味に変化し、個性的な香りが愛好家の間で人気となりました。 ■初めに生豆を4~5日間しっかり乾燥させ、その後、数日間にわたり豆が水分を均一に吸い込むように用心深くかき混ぜます。その後、6月~8月に発生するモンスーンに生豆を晒すことで豆が水分を吸収し膨張します。その豆を袋詰めし、積み重ねることで豆が更に膨張します。この工程(乾燥・かき混ぜ・袋詰め)を3回ほど繰り返すことで、コーヒー豆が黄金色に変わります。 ■独特な熟成香と、少し苦味を伴ったまろやかな深い味わいです。ヨーロッパでは、エスプレッソに使用すると美しいクレマが出ることから人気があります。 ■本商品は、品質に定評のある老舗、アスピンウォール社の物になります。インドモンスーンの中でも特に人気があり、いつも早期完売になる商品です。 【賞味期限】 焙煎日より90日(焙煎日は袋に記載いたします)。 ただし、風味佳良な状態で召し上がるには商品到着後1か月以内のご賞味をおすすめいたします。 【保存方法】 短期(2週間以内)の場合は冷暗所にて常温保存。 長期(2週間以上)の場合は冷凍保存。 いずれも密封容器/袋等に移し外気に触れない方法で保存してください。 ご注文日より前一週間以内に焙煎した豆をお送りいたします。在庫がない場合は受注後に焙煎しお送りいたします。その際、発送まで数日かかる場合がございます。

セール中のアイテム